収入減を“ダブルワーク”でカバー。
23歳・OLの彼女が充実した毎日を過ごせる理由

掲載記事画像

何かと物入りな新生活に向けてはもちろん、新型コロナウイルス拡大の影響で仕事が減り、効率良く稼げる副業を探している方は少なくないと思います。昨年上京し、昼はOLとして働きながら、夜は完全会員制クラブ『Le Club de Tokyo (ル・クラブ・ドゥ・トウキョウ)』のキャストの仕事をしているナツミさん(23歳)もそんな1人。「新型コロナの影響で収入が大幅に減ってしまって。。。このままだと生活が本当にキツいと感じたので、半年前からダブルワークしています」とニッコリ。

掲載記事画像

▲ゴージャスな空間の『Le Club de Tokyo』は数多くの映画、ドラマ、TV番組などのロケ地として有名です

「キャストとして働くのは初めてだった」というナツミさんが『Le Club de Tokyo』で働くことを決めたのには理由がありました。

|スケジュールに合わせて自分らしく働ける

ナツミさんが真っ先に挙げたのが「自分のスケジュールに合わせて働ける」ということ。「昼の仕事の就業時間が不規則になってしまったのですが、ここならそんな不定期なスケジュールに合わせて働くことができる」そうで、ナツミさんのようにダブルワークをしている人はもちろん、急にオーディションや仕事が入ることもあるモデルやアイドルをめざしている人なども数多く在籍しているとのことです。

掲載記事画像

また、夜の接客業といえば、やっぱり気になるのが新型コロナウイルスの感染対策。クラブチックグループでは全店で新型コロナ抗体キットによる検査を実施したり、飛沫を防止するパーテーションを客席に設置したり、店内接触部分の消毒、換気を徹底したりなど「安全対策をバッチリ行っているので、私たちキャストやスタッフも安心して働けていますし、お客様にもすごく好評です」とナツミさんは明るく話してくれました。

|日本初の換気システムを導入した新店『THE SUITE(ザ・スイート)』も今春オープン

そんなクラブチックグループではすべてのスタッフとゲストに安心と安全を保証するのをモットーに、政府が推奨している換気量以上をクリアする、わずか5分で室内の空気を入れ替える日本初の換気システムを導入した新店『THE SUITE』を2021年3月、東京・六本木にオープン予定。

掲載記事画像

▲2021年3月にオープンする『THE SUITE』(モデル:クラブチックグループゆかさん&れんさん)

完全会員制の富裕層向け最高級ラウンジとなっていて、最先端で活躍する経営者がメンバー。自分のスケジュールに合わせて働けるのはもちろん、「親や友達、仕事先や取引先にバレずに働きたい」という人でも安心して働けそうです。

収入面にダメージが少なかったというナツミさんのように、収入面でもう少し余裕が欲しいと考えている人やダブルワークに興味のある人は、『Le Club de Tokyo』や『THE SUITE』のお試し体験入店(『THE SUITE』オープン前は既存店での体験入店)に足を運んで、どんな雰囲気なのか、どんな風に働くのかを確かめてみるのもおすすめですよ。